サイト運営:株式会社コンシャスインターナショナル  
お問合わせ・お申込みはこちら

メイクセラピスト養成講座

受講生の声

バックナンバーはこちら

NEW菊池 宏美<東京19期生>

菊池 宏美
人は変われる。
メイクセラピーを学んで自信が取り戻せました。


養成講座を受講するきっかけとなったのは、男友達の何気ない一言でした。
「宏美、メイク下手〜!」
悔しくて、メイクを上手くなってやろうと探して辿り着いたのが
メイクセラピスト養成講座でした。

普通のメイク教室に行かなかったのには理由があります。
養成講座の受講する前の私は、自己否定の塊でした。
このままの自分ではダメだと多くの自己啓発セミナーを受けましたが、いつも中途半端で終わり、
失敗するたびにヘタレのレッテルを自分にはりまくっていました。
加えて当時付き合っていた彼には思わぬ形で裏切られて失恋し、
女としての自信も無くし、あるのは虚無感だけ・・・。

そんな折、外見の美だけではなく心理的にも自尊感情を持てるという
メイクセラピーに出逢い、半ば賭けをする気持ちで養成講座の受講を決めました。

受講をはじめると徐々に変化が訪れました。
メイクによって色々な印象に変わった自分を見たり、
カウンセリングで自分の本当の気持ちに向き合いながら自分を知っていく事で、
自分を自由に解放することが出来るようになっていきました。
コンプレックスと思っていた短所が、
実は自分の持ち味であることを知った時は目から鱗が落ちたようでした。
さらに自分の新たな可能性にも気付いて行き、次第に失っていた自信を取り戻すことが出来ました。
すると、新しい友人も多く出来るようになり、男性からのアプローチも増えていったのです。
この変化に一番驚いたのは、何より私自身でした。

『人は変われます。』

メイクが下手だったのは、自分の魅せ方を知らなかっただけです。
今は自分で自分の演出をするのが楽しみになっています。
人前が苦手な私に勇気とチャレンジのチャンスを与えてくれたのも、メイクセラピーの力です。

これからは、過去の私のように悩んでいる方へ少しでも力になることが出来たらと思い、
講師として始動しました。
多くのみなさんにメイクセラピーの効果と変化する感動を、感謝を込めて伝えていきます。

NEW足駕 雪絵<名古屋19期生>
◎メイクセラピー検定1級取得
足駕 雪絵
私の人生そのものが、劇的に変わりました

「なにか物足りない」「なぜかうまくいかない」
「毎日頑張っているつもりなのになぜ?」と思いながら過ごしていた35歳の秋。
それは、偶然本屋さんで目にした文字。 【メイクセラピスト】
「ん?いったいなんだろう?」と軽い気持ちで
そこに書いてある記事を読み進めると、 わたしがやりたかった

“化粧品を売らずにメイクで人を幸せにする仕事”があったと知ってとても驚きました。

養成講座の受講を決めた時の私は、メイクセラピーというのはメイクに少し心理学が加わっただけと
思っていましたが、授業が進むにつれまるで違っていたことが分かりました。
心理学やカウンセリングの授業では、結美子先生が本物の心理カウンセラーの技と心を、
ユーモアを交えながらも惜しみなく本気で教えてくださいました。
今までの私は、他者からの評価ばかりを気にしたり、無いものねだりをしては落ちこんだり、
なんだかモヤモヤする人生を送っていました。
でも受講していくうちにそんな悩みからも解放され、自分の本当の魅力や、
実は自分が十分に満たされていることに気づくことができました。
また、コミュニケーションのスキルを覚えたおかげで人間関係においても
苦手な人が少なくなり、毎日が楽しく気持ちが楽になっていきました。
メイクセラピストになりたいと思って受講をはじめましたが、
私自身の内面が劇的に変わっていくのを感じました。
そのおかげで心から本当にやりたいことが明確になり、気がつけば内面に無理することなく
“私らしいキレイ”を発信できるようになったのです。
私は自分自身の体験を、一生懸命頑張っているたくさんの人たちに知って欲しい!と思い
起業することにしました。
世の中の女性たちがメイクセラピーを体験して、ホントの自分の魅力に気づき、
自分らしい魅力をメイクの力を借りて発信できるようになってほしい。
そしてただの“キレイ”じゃない、“心からキレイ”な人生を楽しめるようになってほしいと願っています。

最後に、結美子先生はじめインストラクターの先生方、
同期の仲間たちなど養成講座で出逢った人たち、そして親友、家族。
みんなに心から感謝を致します。


【卒業後の活動】
  ・愛知県岡崎市 サロン「beautylifehappiness」代表

NEW野澤 智恵子<大阪7期生>
◎メイクセラピー検定1級取得
野澤 智恵子
いくつになっても輝いてもらいたい!
その人らしい自然な笑顔が生まれることを願って!!


大手化粧品会社で十数年勤め、“あるお年寄りのエピソード”がきっかけで
5年前、介護業界へ転職しました。
介護士として高齢者を援助する中、前職のキャリアと介護士としての
キャリアを生かした何かが出来ないか?と模索していました。

そんな時、前職の先輩から「うちで介護施設へ行って高齢者にお化粧する化粧療法プログラムってのを
やってるよ!」と教えてもらいました。その時ふと、あるお年寄りのエピソードを思い出したのです。

ある日、とある女性が車椅子に乗ったお母さんを連れて、化粧品コーナーに来られました。
その娘さんが化粧品を選んでいる間、お母さんは疲れた表情で待っておられました。
そこで手の空いた美容部員が顔色の悪いお母さんに頬紅を塗ってあげたのです。
数日後、その娘さんから1通のお手紙が会社に届きました。「あの時はありがとうございました。
いつも気力がなく寝たきりの母が、あれ以来、化粧品のカタログを見たり、
『今度はこの口紅を買ってみようか』などと話すようになったのです・・・」と。
メイクの力の凄さを実感した瞬間でした。

このエピソードを思い出したその日のうちに “化粧療法”をネットで検索。
数ある情報の中で目にとまった“メイクセラピー検定”。さらに検索を続け辿りついたのが
“メイクセラピスト養成講座”でした。ホームページや結美子先生の熱い熱いブログを見て
「これだ!」と思い、すぐに説明会に申し込み受講を決めました。

第1回目の講座での結美子先生やインストラクターの先生方の熱い想いや眼差し、
そして何よりもテンションの高さとポジティブ思考に完全にノックダウン。どうしてこの先生方は
こんなに輝いて素敵にいられるんだろう?と。でも回を重ねるごとにその理由が私なりに
理解できるようになり、これから近い将来のヴィジョンに対し、期待感や夢がドンドン膨らんできました。
そして何よりも講座を受けているのが楽しくて仕方ない!と感じている自分が好きになり、
「自分が素敵!」とさえ思うようになりました。 素直に自分の想いや感情、感謝する気持ちを
言葉で伝える事の大切さを学び、 先生方との出逢いは私自身を大きく変える出逢いとなりました。

現在、自身が勤める介護施設で高齢者に対して“化粧療法”を行っています。
皆さん、満面の笑みでお化粧をされ、会話も増え、昔の事などを懐かしんでお話してくださいます。
いくつになっても女性は美しくありたいもの・・・。メイクを通して、多くの女性の心が充実し、
喜びや生きがいを感じ、いくつになっても輝いてもらいたい。
「その人らしい」自然な笑顔が生まれるようなお手伝いをこれからも続けていきたいと思います。


【卒業後の活動】
  ・京都府木津川市 サロン「Salon de cafe coeur」代表
  ・介護施設にて化粧療法を展開


■バックナンバー

まずは、無料説明会へお気軽にご参加ください。日程はこちら

<<Back
Copyright© 2010 Conscious International All Rights Reserved.